SALUT! 弁護士法人サリュ 交通事故相談

0120-181-397 電話受付 平日も土日も!9:30~17:30
受付時間外です。ただ
今の時間はメールにて
お電話受付中
メール

治療中の方 後遺障害等級に納得出来ない方 交渉を考えている方
いずれの段階の方にも重要なポイントがあります。できるだけお早めのご相談をおすすめします。

交通事故は取扱いが特殊で弁護士なら誰でも適切に解決できるわけではありません。サリュならもっと応えます。

それぞれの段階に、それぞれ必要なことがあります
 ひとことで言うと、「できるだけ早く相談してください。」これが適切な解決への最善の道といえるでしょう。
 治療中の方は診断書の作成のアドバイスをします。医師は、治療の専門家であり、後遺障害等級獲得のためのプロではありません。
 後遺障害等級を既に得た、もしくは非該当となったけれど納得がいかない方。1回めの認定で満足のいく結果がでないことはよくあります。
 異議申し立てで認められたケースも沢山あるのです。
 また、交渉を考え中の方は、ぜひ弁護士に依頼をしてください。保険会社は、弁護士が交渉すると、裁判を起こされると思い、急に大幅に増額した賠償金額に了承することが多いのです。

相談は無料です。お気軽にお電話ください。相談料・着手金0円

24h受付中 ただ今電話受付中 ただ今の時間のお問合せはメールでこちらから

現在、治療中の方

 サリュは症状固定前からサポートいたします。治療中から無料相談の利用をおすすめします。とりあえず治療を続けて、困ったことが起きてから弁護士に相談しようというのでは、いつの間にか保険会社ペースになってしまい、手遅れになりかねません。
 また、治療には必要がなくても、後遺障害等級認定を獲得するためには必要な検査がある場合もあり、適切な診断書を書いてもらうためにも専門家のアドバイスが重要です。医師は、治療の専門家ですが、後遺障害等級認定の専門家ではありません。お医者さんに任せておけば適切な診断書を書いてもらえるというわけではないのです。
 もっとも、交通事故を専門としている事務所でも、治療中の方のご相談をお受けしていない事務所が多いです。等級をとってから来てくださいといわれることも少なくありません。しかしサリュは、交通事故は初動がポイントだと考えておりますので、できる限り早めにご相談頂くことをお勧めしております。 サリュは、年間相談件数3000件以上・解決実績8000件。交通事故被害者側専門の法律事務所です。安心してサリュの無料相談をご利用ください。

後遺障害認定に納得できない

 サリュは後遺障害認定もサポート。すでに認定を受けた方も適切な等級に再認定をお手伝いします。後遺障害等級に納得できない!後遺障害認定を受けたが、満足のいく後遺障害等級が出なかったという方、諦める必要はありません。サリュは、異議申立てからでもお引き受けしております。
 後遺障害認定手続において、1回目の認定結果が芳しくないということはよくあることです。サリュでも、異議申立てをして、後遺障害として認められていなかったものが後遺障害として認められたというケースを数多く経験しております。
 サリュが、異議申立てをする場合、認定理由を分析し、検査画像を確認し、不足している資料があれば必要に応じて追加で資料を収集した上で、異議申立書を作成することになります。
 異議申立てを考えている方を対象とした無料相談を実施しておりますので、遠慮なくお問合せください。
 仮に、後遺障害等級が上がらなかったとしても、賠償金には基準があり、(下記示談交渉にて説明いたします)弁護士なら最高基準である裁判基準での交渉を保険会社が受け付けるため、弁護士にご依頼をされた方が得です。
 サリュは、異議申立てから示談交渉、裁判まで、追加料金なしで行っております。
 サリュは、年間相談件数3000件以上、解決実績8000件。交通事故被害者側専門の法律事務所です。安心してサリュの無料相談を、どうぞお早めにご利用ください。

保険会社が受付ける金額が違うから、示談交渉は弁護士に依頼しないと損!

 サリュは被害者側専門で実績を積んできました。あきらめずにご相談ください。保険会社の提示額が低すぎるケースに嘆く被害者の方が数多くいらっしゃいました。残念ながら、保険会社は営利企業です。損害賠償金を支払えば支払うほど、経営が厳しくなります。ですから、保険会社は、できるだけ損害賠償金を支払いたくないのです。
 損害賠償には3つの基準があります。1つは、強制保険である自賠責保険の基準で、被害者にとっての最低補償となる基準です。次に高い基準が、任意保険会社の定めている任意保険基準です。任意保険は、自賠責保険の上乗せなので、自賠責基準を超える部分の額が、任意保険会社の持ち出しとなります。最も高い基準が、裁判所が定めた裁判基準です。日本は法治国家です。法治国家では、損害賠償額に争いがある時に、最終的に損害賠償金を決めるのは、裁判所です。ですから、裁判基準が、正当な基準ということになりますし、任意保険基準は、裁判基準かそれに近い基準でなければならないはずです。
 しかし、任意保険会社は、できるだけ損害賠償金を支払いたくないので、任意保険基準は、そんな額まで行きません。それどころか、任意保険会社は、できるだけ持ち出しの額を少なくするため、自賠責基準に近づけようとします。
 被害者がもっと損害賠償金を上げてほしいといっても保険会社はそれほど上げてくれません。それは、裁判を起こすという選択肢を持たない被害者が怖くないからです。被害者であるお客様が、交通事故に強い弁護士に依頼すれば、最後の手段として裁判を起こすという選択肢を持つことができます。保険会社としても、裁判になると保険会社の顧問弁護士に支払う費用が支払う賠償金額以外にもかかるので、裁判基準に近い金額を提示するようになります。
 金額は大幅に上がることが多いですから、お客様は、弁護士費用を支払っても、それ以上の損害賠償金を手にすることができるのです。さらに弁護士特約を利用できれば、弁護士費用も、ほとんどのお客様について負担が0円になります。
 サリュは、異議申立てから示談交渉、裁判に至るまで、追加料金なしで行っております(ただし、裁判所の手数料のような実費が増えることはあります。)。
 サリュは、年間相談件数3000件以上。交通事故被害者側専門の法律事務所です。安心してサリュの無料相談を、どうぞお早めにご利用ください。

サリュならもっと、応えます。交通事故フルサポート

相談は無料です。お気軽にお電話ください。相談料・着手金0円

24h受付中 ただ今電話受付中 ただ今の時間のお問合せはメールでこちらから
ご安心ください。無料相談にお越しいただいたからといって、依頼しなければならないということはありません。遠慮なく無料相談をご利用ください。

#link11

当事務所の70%以上のお客様が弁護士特約を利用しています

 弁護士特約を使うと、ほとんどのお客様の弁護士費用実質負担が0円になり、かわりに保険会社が費用を支払ってくれます。弁護士費用特約は生命保険などの身近な保険についている保険で、保険内容にもよりますが、一定の条件を満たせば、被害者おひとりごとに300万円まで補償されるものが一般的です。ですからよほど賠償金が高額となるお客様を除き、ご自身で負担する必要がなくなるのです。
交通事故に遭われた際にはぜひ、保険証券の内容をご確認いただき、特約に加入しているようであればご相談の際に、弁護士やリーガルスタッフまでお申し出ください。

弁護士費用特約を利用しない場合の料金表
ただ今電話受付
ただ今の時間のお問合せはメールでこちらから
相談は無料です。お気軽にお電話ください。
^