SALUT! 弁護士法人サリュ 交通事故相談

0120-181-397 電話受付 平日も土日も!9:30~17:30
受付時間外です。ただ
今の時間はメールにて
お電話受付中
メール
  • 後遺障害基礎知識
  • 診断書作成のポイント
  • 逸失利益
  • 遷延性意識障害
  • CRPS(RSD)
  • 関節の機能障害
  • 上下肢の欠損変形短縮
  • 上下肢以外の骨の変形
  • 骨折
  • むちうち
  • 脊髄損傷
  • 高次脳機能障害

後遺障害の診断書について

 後遺障害診断書は、後遺障害認定手続に不可欠の書類です。
後遺障害認定手続では、この診断書などに基づいて後遺障害等級が決定され、さらにはその等級によって損害賠償額が大きく左右されます。ここでは、後遺障害診断書についてご説明いたします。

症状固定と後遺障害診断書作成

 治療を続けても効果が期待できなくなったときのことを「症状固定」といいます。
症状固定をした時に残っている症状は、後遺障害として認定してもらわなければなりませんが、症状は目に見えな
いので、そのままでは認定してもらえません。
後遺障害として認定してもらうためには、主治医に症状の有無や程度を診断してもらって、診断書を書いてもらい、
後遺障害を認定する機関である損害保険料率算出機構に提出する必要があります。
この主治医が作成する後遺障害に関する診断書のことを後遺障害診断書といいます。

診断書作成のポイント

 診断書作成にはポイントが有ります。書くべきことをかき、書かないでいてもらうことを書かない。医師は、つい「よくなった」と書きたくなってしまうことがあります。実際には事故直後から少し改善しただけでも、これでは完治したととられかねません。医師は治療のプロであり、後遺障害等級獲得のプロではないのです。 アドバイスできることは他にもたくさんあります。できるだけ早い段階での相談をおすすめします。

【 診断書作成を作成してもらう際のポイント 】

  • 1 必要な検査は、全て受けましょう。
  • 2 可動域(関節が動く範囲)は正確に測ってもらいましょう。
  • 3 空欄がないように書いてもらいましょう。空欄の部分は正常だと判断されてしまいます。
  • 4 他覚所見、自覚症状ともに、詳しく書いてもらいましょう。
  • 5 症状がある部位を具体的に示してもらいましょう。
  • 6 画像所見がある場合は画像の種類と撮影日を記載してもらい、症状を正確に詳細に記載してもらいましょう。
  • 7 事故で負ったケガと、残っている症状との関係を、具体的に書いてもらう。
  • 8 画像所見と、残っている症状との関係を、具体的に書いてもらいましょう。
サリュならもっと、応えます。交通事故フルサポート

#link11

当事務所の70%以上のお客様が弁護士特約を利用しています

 弁護士特約を使うと、ほとんどのお客様の弁護士費用実質負担が0円になり、かわりに保険会社が費用を支払ってくれます。弁護士費用特約は生命保険などの身近な保険についている保険で、保険内容にもよりますが、一定の条件を満たせば、被害者おひとりごとに300万円まで補償されるものが一般的です。ですからよほど賠償金が高額となるお客様を除き、ご自身で負担する必要がなくなるのです。
交通事故に遭われた際にはぜひ、保険証券の内容をご確認いただき、特約に加入しているようであればご相談の際に、弁護士やリーガルスタッフまでお申し出ください。

弁護士費用特約を利用しない場合の料金表
ただ今電話受付
ただ今の時間のお問合せはメールでこちらから
相談は無料です。お気軽にお電話ください。
^